ネットショッピング★

商品レビューと信用

どうせ買うなら信頼できるお店で買い物したいですよね。

売っている人の顔が見えないネットショップでは特にそれは顕著です。

ではどうすればいいのでしょうか?簡単に考えれば、お店の逆の立場-お客様の目線で考えてみることです。

最近とても重要視されているのがお客様レビューでしょうか?やっぱり第三者の意見というのは、本人が語るより説得力がありますよね。

会社の歴史が長いっていうのも、信頼につながりますが、これも結局は多くの人に支持された結果、長い歴史を築きあげたという
第三者の評価と言えるでしょう。

つまり購入者の感想は大切なのです。

調べたいショップの評価

ネット初心者だと買い物に失敗する可能性もあります。

大手通販を行なっているショッピングモールでも
それがあるのですが、失敗を防ぐには
ショップの評価も調べることです。

ショッピングモールや比較サイトでは、
商品を買った人、そのショップを利用した方の声があります。
星の数や評価の数字も参考になります。

ショップでは評価が下がることを恐れますので、
できるだけ不手際がないように心がけています。

ネットショップから買い物をする場合、必ず評価を調べて買い物をしてください。

ネットの商売はリアルよりも信用が大切

手に取れない、実際に目で見ることができない商品を販売しているのが
インターネットのショップなどです。
その他にはテレビショッピングや通販カタログ誌などがあります。

それらを気に入って買ってもらうためには、
商品と画像が一致していることはもちろんですが、
ほんとうに良い商品なのか、対応はリアルな商売よりも丁寧であるかが
とても大切だと思います。

リアルなら商品を手にしていますので、対応の不味さは少しくらいは我慢できます。
手元にまだ届かない、代金は先払いであるがゆえ、
ネット通販などだと少しの対応の不手際でも我慢ができないこともあるのです。

リアルショップの商品をネットで販売する場合

リアルショップでも販売し、ネットでも販売している商品には注意点があります。

実店舗で売れたときには即、ネットショップでも売れたことを掲載しなければなりません。

某大手ショッピングサイトに参入しているところだと、
商品情報に「実店舗でも扱っているため、売り切れの場合はご了承ください」と表示がされています。

予めそう書かれていると注文する側も納得します。

注文し決済を済ませた後でそれが分かり、
ショップからの発送連絡もなかったため問い合わせたら、
品切れでしたというのはたまにあることです。

商品情報をできるだけ早くお知らせすること、
ネットショップにもそれをいち早く反映させるのは
お客様との信頼関係を築く最低限やるべきことだと思います。